FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■詳細設定

2008年08月22日 19:12

★パーソナルデータ──

名前:風深・翼

年齢:14歳

職業:中学生月のエアライダー×クルースニク

家族:天涯孤独
 両親はいたが、物心ついて間もなく『組織』によって引き離された為、
 今では顔も覚えていない。
 当然ながら連絡なども取れていないので、生きているかも不明。

近況:アパートで独り暮らし
 調理の腕や生活レベルはそれなり。だがあくまでそれなりレベル。
 今一番欲しいものはどんなに低血圧でもすっきり目覚められる何か。
 ぶっちゃけて言うと、起こしてくれる人絶賛募集中(何)

誕生日:8月7日

利き手:左

イメージカラー:深蒼

IBGM:Plenty of grit

『強さと弱さ 優しさと傷跡
 ゆらぐ心 打ち消したくって

 彩られた この街並み
 さみしさ隠せず それでも生きてる

 明日を乗り越える力 求めてる』
 
 
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

地雷らしい

2008年08月09日 00:31

踏んだのは陽菜のところなので題名の縛りは無視させてもらうのでな(偉そう/何)
面白くないのは仕様だ。許せ。
 
[ 続きを読む ]

誕生日

2008年08月08日 22:39

基本的には記号のようなものだった。
多分、私を育てた人間にしてみればどうでもいいことだったのだろう。
祝われた記憶もない。…あっても気持ち悪い。

…まあ、何処ぞの馬鹿は、頼んでも居ないのに祝辞は言うわ、プレゼントだと言いながら何やら持ってくるわと、ひとりで騒いでいたが。

私にとっては、意味のない日。
けれど…普通は、それが特別なものなのだと、知っていたから。
多分少し、それを祝ってもらえる人間が、羨ましい…という気持ちは、あったのかもしれない。
 
[ 続きを読む ]

★夏の夜の夢と現

2008年08月01日 06:52

 おおきなふとい腕が、伸びて来る。
 それを避ける事だってできるけど、避けたらきっともっと殴られるから、わたしはぎゅっと目を瞑って、奥歯を食いしばった。

 『競争』に負けたり、なにかが達成できなかったりすると、こうやってみんな、殴られた。
 それが嫌だったから、皆、誰もが必死だった。

 いつも、顔はなぐられないのだ。
 だって、そうしたら学校のせんせいが、異変に気付いてしまうから。
 おなかにふりおろされた重たい一撃は、それとわかっていて力を込めて待ち構えていても、やっぱり、痛くて。
 涙がでそうになるのを、必死でこらえた。

 泣いたらまた、それを理由になぐられるのだ。
 でも、泣かなくてもやっぱり、もっとなぐられるのだ。
 どっちも変わらないから、わたしは、泣かないようにしようと決めた。
 だって、それはなんだか、あいつらに屈服しているようで、すごく不快だったから。

 じっと目の前の相手をにらむ。そうしたら、その目が気に入らないと、またなぐられた。

 痛い。
 けれど、泣かない。泣くものか。

 またなぐられる。
 …すごく痛い。目のはしから涙がこぼれそうになった。

 なぐられる。
 痛い。
 なぐられる。
 痛い。

 わたしをなぐりながら、彼らはひどい罵声を投げかける。

 役立たず。
 できそこない。
 そんな言葉を、次々と。

 痛いよ。…ねえ、痛いんだ。

 やめて。
 やめてよ。


 ──いつまで、私を苛むの…?
[ 続きを読む ]


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。