FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後夜祭のプレ

2011年07月26日 05:18

出発後に消す予定。
何かあれば。

+++


チーム「桜花」の皆と

学園祭もあっという間、だったな
祭りの後の静けさとは言うが
後夜祭はそんなのとは無縁の賑わいだな

サクラバが調達してくれた食事のご相伴に与りながら
色々食べるのなら飲み物も必要だろう、と
此方も分けてもらったものを差し出して

五十嵐先輩は料理ができるのですね
今度教えてくださ……何でも無いです(慌てて首を振り
(親友の為に美味しい料理を作りたいなんて言えない…)

元気そうな3人をぼんやり眺めていると
サクラバに問いを掛けられて
答えを継ぐ間もなく今度は白神に手を引かれておろおろ
い、いえ別に恥ずかしがってるわけではなく……ああ……

…慌ただしくて目が回りそうだ
でも、そうだな
こういうのも、悪くはないか
スポンサーサイト

『鳳凰堂の戦い』仮プレイング

2011年06月15日 06:33

……居合わせたのは僥倖と言うべきか
何が目的か解らんが、厄介な事であるのは確かだな
潰させてもらうぞ

■準備
腰に括る電灯
ホイッスル(予備)

■所属
突入班
小班B
同班員・周囲の味方と連携し行動

■突入前
鳳凰堂への道を塞ぐ敵を最優先で撃破
アビリティの消耗は避け通常攻撃で対処
HP半分を切った場合のみライカンスロープを3回まで使用

■突入
道が開いたら突入班一丸となって鳳凰堂へ
道中の敵は素早く切り捨てる
可能な限りアビを温存するが
元凶へ辿りつくのを最優先とし敵が堅ければ4回まで瞬断撃使用

周囲の状況には目を配り
異変等あれば記憶しておく

■内部にて
敵との交戦が必要な場合はその役割に回る
特に強力な敵がいる場合は最優先で抑える
前衛・ライカンスロープで自己強化後
瞬断撃を用いて攻撃
HP半分以下でライカンスロープ使用
耐久力を活かして最前列で耐え
敵目的を妨害する味方が邪魔されないよう努める

交戦不要時は周囲状況を確認し
状況と敵目的の把握に努める

■撤退時
笛の合図あれば即時撤退
(合図を出せる人間が戦闘不能なら代わって合図)
情報を得た者・奪取物があればそれを持つ者を優先的に撤退させ
自身は後方にて露払いを担当

万一敵の目論見が達された場合は
素早く動ける人間から先に逃がす
兎に角「何が起こったか」の情報を持ち帰って貰う事を優先
自身は最後尾を務め敵を抑える

特殊空間化しているなど脱出が容易でない場合
要となる存在の撃破に努め
現実空間に戻り次第撤退

『大神は銀箭に吼ゆる』仮プレイング

2010年07月06日 16:50

翼

心情や台詞などは後ほど付け足すとして、一先ず戦闘部分だけのプレイングになります。
485文字。修正などは随時行います。

アビリティは以下の構成です。

ミストファインダー×4
ライカンスロープ×4
瞬断撃奥義×8

では、追記にプレイングを。
 
[ 続きを読む ]

夜に唄うモノ

2010年06月07日 17:21

翼

(日付をサバ読んだなどという事は内緒・何)

波間にたゆたう歌声は、何を望んで留まるのか。

……地縛霊となった歌姫を倒しに。
強敵なだけあって負傷者も多かったが、どうにか無事に、だな。

…背後としては、心情と戦闘のバランスをもう少し考えるべきだった、というのが反省点だそうだが。
そうだな、……物事に向ける想いというものを、私はもう少し抱くべきだ。

>>歌姫

新クラス

2010年04月08日 06:06

神納「神楽山キャンパスねぇ…。2年7組か」

風深「キャンパスが被らなくて何よりだ」

神納「で? アンタ何処のキャンパスよ?(ひょいと覗き込み)」

風深「!(慌てて隠そうと)」

神納「残念、あたしの動体視力を甘く見ないでほしいわね。
   つか、アンタも7組なワケ?」

風深「…。それがどうした」

神納「運動会はアンタと直接対決できっかと思ったンだけどねえ。残念だわ」

風深「…そうならなくて実に安心している」

神納「ふぅん。ソレってあたしに敵わないからかしら?」

風深「誰が貴様になど負けるものか。勝っても負けてもうるさそうだからだ」

神納「一応これでもスポーツマンよ。正当な勝負にケチつける気はないンだけど」

風深「どうだか…。」

神納「ハ。その疑り深い性格、直さないと友人できないンじゃない?」

風深「お前こそ一度生まれなおすくらいでなければ友人など出来んだろうな」


結論。
新しい年度になろうと、変わらず彼女らは犬猿の仲です。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。